1. HOME
  2. ブログ
  3. 心の迷いをなくす瞑想のすすめ

心の迷いをなくす瞑想のすすめ

 

 

私の昔からの友人や

リアルで繋がりのある方は、

 

 

私の決断の早さや切り替えの早さに

驚いたことのある方が

多いかもしれません。笑

 

 

 

この間もちらっと

 

 

「(私に対して)なんでそんなに

迷いがないのかなって思ってた」

 

 

という話になり、

 

 

自分の中でも

「確かに私の中には迷いがないな」と

気付かされた出来事でした。

 

 

 

実はこれには理由があって、

 

 

自分との対話をものすごく繰り返して

神様と繋がる感覚を持ち続けているので、

 

 

自分の中で

常に指標がある感じなんです。

 

 

 

その指標のとおりに

進んでいくイメージですね。

 

 

この指標を作るのに行っているのが「瞑想」

 

 

簡単にいうと「心の掃除」です。

 

 

 

心の掃除をし続けているので、

自分の本質ややるべきことが

常に明確になっています。

 

 

その「瞑想」について

YouTubeで語っておりますので

もしよろしければご覧下さい😊

 

 

https://youtu.be/PqZeuv9-n-0

 

 

この瞑想を繰り返すことによって、

たとえば仕事だったら

通常1年かけてやることを半年でこなすイメージです。

 

 

エネルギーがそばにあるので、

それだけの原動力も常に湧き出てくるような状態。

 

 

ただ、身体は人間なので

その神様ペースの変化についていけず、

ちゃんとケアをしてあげないと

たまに体調を崩す時もあります。笑

 

 

 

最近は

「自分の時間の価値をもっと上げてね」

ってよく言われるので、

 

 

自粛ムードが解けて落ち着いてきたら、

神様カウンセリングや瞑想セッションなども

すこし対価を見直す予定です😌

 

 

 

それまでの間、

zoomでも瞑想をやってほしいという

お声を頂くことも多かったので

そのお声にお応えしたいと思い、

 

 

私のできる限り、今だけの価格で、

zoomによる瞑想セッションを

やっていこうと考えました。

 

 

http://miko-suzune.info/special/

 

 

↑↑↑

こちらのサイトに

瞑想セッションの詳細を書いています。

 

 

 

心に迷いがある時は

だいたい次のどちらかのパターン。

 

 

本当はどっちをやりたいかわかっているんだけど、

 

 

それができない状況にあるか

周りに受け入れられないと思ってしまっているか。

 

 

 

もうひとつは、

 

 

そもそも本当の自分の声に

自分が気付けていないか。

 

 

(大切なものを失うとか

そういった窮地に立たされた時に

本音が出てくることが多い)

 

 

それでもたまに

出てこない時ってあるんですが、

 

 

それくらい、私たち人間って

自分の心の声に耳を傾けられない環境に

身を置いてしまっている時もあるんですよね。

 

 

がんじがらめというか。

 

 

そこを解放してあげるだけでも

かなーり楽になるよ。

 

 

 

神様との繋がりもできるので

 

人生もどんどん進みやすくなります😌

 

 

【miko婚zoom説明会&お話会】

ご予約殺到中です😊

詳細、ご予約はこちらより♪

 

https://smart.reservestock.jp/inquiry_form/inquiry_form/47436

 

\ CLICK!! /

 

 自分を守ってくれる神様をもっと知りたい方はこちら

 
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
 
日本神社まなび協会 代表理事
結婚相談所(IBJ)正規代理店「miko婚」

 

浅海鈴音

 
私の自己紹介・詳しい事業内容などはこちら
取材・講演依頼等はこちら
 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

【日本神社まなび協会】

 
古事記や巫女舞教室、セミナー、
企業・個人コンサル、神社ツアーなど

 

公式サイトはこちら

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

日本結婚相談所連盟(IBJ)正規代理店

「miko婚」

 

 

詳細はLINE公式アカウントにてお問い合わせください。

 

 

街コンジャパン「アイベリー」にて婚活コラム執筆中✏️→こちら

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

【浅海鈴音LINE公式アカウントはこちら

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

心の迷いをなくす瞑想のすすめ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

  • 関連記事はございません。